• 定期宅配
  • 今月の『土居博司セレクション』
  • 最新銘柄
  • ランキング
  • 銘柄一覧
  • 土居珈琲ライブラリー

    土居珈琲ライブラリー

  • 珈琲工房の現場から
  • 旅の中の珈琲
  • コーヒー農園通信

土居珈琲ライブラリー > > 自然と、アートと、コーヒーと。

A000_B07_E09AA_160620_00.jpg A000_B07_E09AA_160620_title.jpg

「日本の海を見ながら、おいしいコーヒーが飲みたい」。ふと、そう思い立ちました。
コーヒー器具を一式かばんに詰め込んで、足を運んだのが瀬戸内海に浮かぶ島「直島」でした。

「直島」は、瀬戸内海に浮かぶ離島。この島を訪れて、まずその海の美しさに心奪われました。この、「直島」のすばらしさは美しい海の景色だけではありませんでした。島のいたるところに現代アート作品が置かれていることに、驚かされました。

美術品は屋外、屋内ともに数多くありました。島に到着して、まず、わたしが見に向かったのは草間彌生さんの作品「黄かぼちゃ」です。


島に到着してからは、ポットにいれたコーヒーをお供に、屋内、野外、砂浜、崖の上、いたるところにある、「切断された船首」、「三枚の正方形」などのアート作品を探しながら島内を気ままに散策。

瀬戸内海の自然の景色とアート作品。手元にあるのは産地国の人々が手間をかけて作り出したコーヒー豆。それを、持ってきたペーパードリップで、ゆっくりたてる。


このコーヒーの味わいを、贅沢と言わずなんというのでしょう。