• 定期宅配
  • 今月の『土居博司セレクション』
  • 最新銘柄
  • ランキング
  • 銘柄一覧
  • 土居珈琲ライブラリー

    土居珈琲ライブラリー

  • 珈琲工房の現場から
  • 旅の中の珈琲
  • コーヒー農園通信

土居珈琲ライブラリー > > アイスコーヒーはお好きですか?

A000_B07_E09AA_160816_00.jpg A000_B07_E09AA_160816_title.jpg

夏と言ったらアイスコーヒーです。

しかし、アイスコーヒーを「美味しい」と感じている方は、どれくらいいるでしょうか。口にしたとき、あのシロップを大量に加えた甘い味わいに顔をしかめ、口のなかにいつまでも残る不快な苦味をもって、「アイスコーヒーは不味い飲み物だ」と、とらえている方のほうが多いのではないでしょうか。

しかし、かつて喫茶店で出されていたアイスコーヒーの中には、美味しいと感じさせてくれるものもあったのです。その理由は一昔前までは喫茶店の店主が、自分たちでアイスコーヒーをたてていたことにあります。

喫茶店にコーヒーを配達しに行くとき、店主が布フィルターを使ってアイスコーヒー用のコーヒーを抽出している風景は、わたしにとっての夏の風物詩でした。こうして作られたアイスコーヒーは、その店の味というものを有していました。

しかし、いまやほとんどの喫茶店で出されるアイスコーヒーは、出来合いのパックのものです。ですから、どこの店でアイスコーヒーを飲んでも、みな同じ味です。

アイスコーヒーの作り方はそれほど難しいものではありません。グラスに氷をたくさん入れ、熱く濃厚なコーヒーを注ぎ、一杯ずつ急冷して作るのが基本です。

このアイスコーヒー、実は世界的に広く普及しているものではありません。コーヒーをもっとも多く消費する国といえばアメリカですが、アメリカでもコーヒーを冷たくして飲むメニューを目にすることは、まずありません。このアイスコーヒーという楽しみ方は、日本独自のものです。

日本の高温多湿の夏が、このアイスコーヒーという独自の文化を生み出したのでしょう。品質の高い銘柄を使って、一杯一杯丁寧に作ったアイスコーヒーの素晴らしい味は、日本でしか楽しめない希少なものでもあるのです。