• 定期宅配
  • 今月の『土居博司セレクション』
  • 最新銘柄
  • ランキング
  • 銘柄一覧
  • 土居珈琲ライブラリー

    土居珈琲ライブラリー

  • 珈琲工房の現場から
  • 旅の中の珈琲
  • コーヒー農園通信

土居珈琲ライブラリー > > 旅の中のコーヒー(香港編)

コーヒーの買い付けに、大きな変化がおきています。従来は、アメリカ、ヨーロッパの大手コーヒー会社が、産地国より大量のコーヒー豆を買い付けていきました。先般はここに中国のコーヒー会社が加わりました。彼らも大量に、産地国からコーヒー豆を買い付けていくようになったのです。

中国のコーヒー会社が買い付けるコーヒーの量は、わたしの想像をはるかに超えるものです。買い付けにしても、通常は前年の消費量を基準に行うものです。しかし、彼らの姿勢は、いま、買えるだけ買うというものです。この国の経済力の強さを、まざまざと目にします。

こうした強い経済力をもって買い付けられていくコーヒーは、現地では、どのように形で提供されているのか。このことをどうしても自分の目で確かめたくて、今回の旅の目的地を香港としました。

香港の街中は、多くの人の喧騒で溢れかえっていました。

世界の最先端の街となった香港。街のなかでは、数多くのカフェを目にすることができました。いろいろな国に行って楽しみにしていることは、コーヒーがその国独自の文化に染まりながら、どのような形に姿を変えて現地の人々に楽しまれているかを目にすることです。

香港のカフェの一コマ。

香港ではどのようなコーヒーを楽しめるか。大きく期待をしていましたが、そこで目にしたコーヒーの多くは、アメリカの最先端のカフェをなぞったのでした。それはそれですごいことなのですが、個人的には、すこしさびしい。世界中どこにいっても同じコーヒーでは、旅の醍醐味がないからです。

香港の老舗の飲茶料理店

残念な気持ちを持ちながら、カフェ巡りをやめ、香港の老舗の飲茶料理店を訪れることにしました。メニューひとつひとつの料理の味は、本場だけあって、とてもすばらしいものでした。ひとしきり飲茶料理を楽しんだ後、コーヒーがメニューにあったので、食後に注文をしました。

目の前のコーヒーは、ひと目で質の落ちるものとわかるものでした。レストランの食後によく出てくる、いつものあの“コーヒー”です。しかし、そのコーヒーを口にしたとき、わたしは驚かされました。味に深みも奥行きもまったく感じることができないコーヒーでしたが、濃いめの味つけをした現地の飲茶料理とそのコーヒーに、不思議な相性のよさを感じたからです。

「その国でしか楽しめないコーヒーの味がある」。香港のコーヒーは、わたしにそのことを教えてくれているようでした。