その銘柄を生かし、透明感を作り出す作業、それが、ハンドピックという作業です。

コーヒーは農作物である以上、どうしても不良豆ができます。

その理由は太陽光が当たらなかったり、土の養分が上手くコーヒーの実に吸収されなかった場合など様々です。

ハンドピックの風景_01

ハンドピックの風景_01

この不良豆が、雑味の原因となります。ですので、私共、土居珈琲では会員さまにお送りする前にハンドピックという手作業によって、この不良豆を取り除いています。その目的は、その銘柄の持味を存分に生かし、透明感のあるすっきりとした味わいを会員さまにお届けしたいからです。

土居珈琲ではハンドピックという作業は、焙煎同様に大切な作業だと考えております。

ハンドピックの風景_00