ショッピングカートを見る

お客さまに会いに行きました

コーヒーをお客さまが楽しむ時間、そして共に過ごす毎日。
そこには、お客さまそれぞれのエピソードがあります。
はじめて召し上がっていただいたきっかけやお楽しみいただいたときのご感想、
土居珈琲をご愛飲のお客さまを訪ねました。

第二回
門間さま ご夫妻(東京都)
(2017/08 取材)

きっかけは、会社に勤めていたころにインターネットで発見したことでした。

門間さまから2002年に、はじめてご注文をいただいてから、もう10年以上ご愛顧いただいております。何をきっかけに当社のコーヒーをご購入いただいたのでしょうか?

きっかけというのは、会社に勤めていたころにインターネットで発見しました。土居さんのホームページに書いてある内容が、自慢するというのではなく“我々はこうやって、美味しいコーヒーを作っています”という内容で、「これはいいかな」と感じて注文をしました。

実はうちの主人、コーヒーが嫌いだったんですよ。

当社のコーヒーの味の感想はどのようなものだったのでしょうか?

じつは、他社のコーヒーを結構買っていました。ただ、よその会社のコーヒー豆は、大きさがふぞろいだったんです。それにひきかえ、土居さんのコーヒーは、豆のおおきさが全部そろっているし、袋をあけると香りがすごく良い。「ああ、これはすごいな!」とすぐに思いました。いままで飲んできたコーヒーと、ぜんぜんちがったんです。よそのコーヒーは、薄くいれると、なにも香りを感じない。土居さんのコーヒーは薄くいれても、香りが良くて、すごく美味しい。実はうちの主人、土居さんのコーヒーを飲むまでは、コーヒーが嫌いだったんですよ。

飲まなかったね。私は刺激が強いものはダメでした。缶コーヒーとか飲んだときに苦味が強いじゃないですか。ですから、コーヒーは飲まなかった。たまたま、土居さんのコーヒーを飲んだら飲みやすかった。他社のコーヒーより、味がすっきりしている。それから、ずっと飲むようになりました。

私どもは日本人の食文化に沿ったコーヒーの味の創造を考えているので、ご主人さまのような感想を言っていただけると、とても嬉しいです。

ですから、もう10年以上、私は、ずっと土居さんのコーヒーばっかり飲んでいます。もらったりすることもありますが、ちょっと濃すぎてあわない。だからアメリカンにすると、今度は薄くなってしまって。

もう土居さんのコーヒーを頼みつづけているほうが安心だし、楽だから。飲みやすいのはわかっているし、よそのコーヒーを飲んでも苦味とかわからないじゃないですか。

うちは私の父が、コーヒーが大好きでした。それで、私を連れて喫茶店に行く。父はコーヒーを飲んで、私はアイスクリームを食べたりとか、そんな時代がありました。ちいさいころから、コーヒーが身近に感じられて。大人になっても、コーヒーを飲むことは、ずっと続いていますね。

お二人のお話をお聞きしていると、すごく夫婦仲がいいなと感じます。 そういう姿を見させていただくと、すごく嬉しいです。

人同士の生のコミュニケーションが、やっぱり、いちばんいいよね。

愛犬 さくらちゃんと

でもこうやってお会いする日が来るなんて、夢にも思っていませんでした。

こうして会って話をするのはうれしいね。今はスマートフォンとか人と会わないですまされていくけど、うちはホテルの予約とかも電話でするから。

私たちの世代ってインターネットで申し込んで「これ本当に申し込めているのだろうか?」って心配になってしまう。電話だと直接、その旅館の受け付けの人と話しができるから、ちゃんと確認もできるし、それ以外のことも伝わってきますよね。顔は見えなくても、声を聞いてっていうのが、いちばん安心できるような気がします。

いや、安心だけじゃないと思うよ。やっぱり、相手の声が聞こえるっていうのはぜんぜんちがう。いくら画面に「登録できました」とか「ちゃんと予約されています」とか表示されても「ほんとうに大丈夫かな」って(笑)。そういう人同士の生のコミュニケーションが、やっぱり、いちばんいいよね。

お客さまとのコミュニケーションを、より大切にしていきたいと思います。本日は本当に良い話をありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いいたします。

Archives