ショッピングカートを見る

山奥の“小さな村”の銘柄を買い付けました。

8つのコーヒー農家を取りまとめている、ハムダン氏。一粒一粒、コーヒーの実の完熟度を見極めています。パッケージ(オレンジ)

8つのコーヒー農家を取りまとめている、ハムダン氏。一粒一粒、コーヒーの実の完熟度を見極めています。

アチェ州にあるガヨ高地。

山奥の小さな村の銘柄を、買い付けました

インドネシア アチェ州にあるガヨ高地。この銘柄は、整備されていない険しい山道を登らないとたどり着けない小さな村の、8つの農家の人たちによって作られました。古来からの人の手作業を積み重ねた伝統的農法によって、作られたものです。

農家を取りまとめているのは、コーヒー豆精製の責任者であるハムダン氏。

8つの小規模農家の人達によって、丁寧に作られたものです

農家を取りまとめているのは、コーヒー豆精製の責任者であるハムダン氏。彼の厳しい目をとおして、すみずみまで手が届いた運営がなされています。小さいながらも、インドネシア有数の質の高さを誇る銘柄。限定530個。

テイスティング評

フローラルフレーバーと、トロリと広がるエキゾチックな味わい。しっとりと落ち着いた印象。

カップ点数 香り4 コク4 酸味3 苦味4 甘味3

限定

530

インドネシア アチェ ガヨマウンテン パッケージ(オレンジ)

備考

  • 一杯あたりの豆の使用量の基準は約10gです。
  • こちらの銘柄につきましては、焙煎度合いを、おまかせ(フルシティロースト)としております。

商品名

インドネシア アチェ ガヨマウンテン

商品価格(税込)

1,836

内容量

200g

焙煎度合い

お店におまかせ(フルシティロースト)

豆の状態

豆のまま
細挽きペーパードリップ用
中挽きコーヒーメーカー用
粗挽きカフェプレス用

注文数量

お客さまからよくいただくご質問について

抽出するコーヒー器具にあった"粉の挽き目の目安"を教えてください。

土居珈琲では、より美味しいコーヒーをお楽しみいただくために、お使いの器具にあった“挽き目”をお選びいただけます。器具がお分かりにならない場合は、“中挽き”をお選びください。

豆のまま

豆のまま

豆から粉に挽く時が、その銘柄が持つ香りを一番強くはなつ瞬間です。よりコーヒーの香りをお楽しみいただくために、淹れる直前に豆から粉に挽くことを土居珈琲ではおすすめしています。

粗挽き(パーコレーター)

粗挽き(カフェプレス用)

ザラメ糖ほどの大きさ。カフェプレスのように、お湯とコーヒーの粉が直接触れるたてかたに向いています。 【適した抽出器具】カフェプレス / パーコレーター / ケメックス

中挽き(コーヒーメーカー用)

中挽き(コーヒーメーカー用)

ザラメ糖とグラニュー糖の中間ほどの大きさ。コーヒーメーカーをはじめとした、多くの抽出方法に対応する挽き具合です。 【適した抽出器具】コーヒーメーカー / ネルドリップ / カフェオールドリッパー

細挽き(ペーパードリップ用)

細挽き(ペーパードリップ用)

パウダーに近いグラニュー糖ほどの大きさ。これより細かい挽き具合はエスプレッソ用となります。 【適した抽出器具】ペーパードリップ / サイフォン / 水出しコーヒー

極細挽き(エスプレッソ用)

極細挽き(エスプレッソ用)

手にとっても粒の感覚をほぼ感じない、小麦粉ほどの大きさ。エスプレッソ抽出の際にご指定下さい。 【適した抽出器具】エスプレッソマシン

コーヒーの保存方法について。

光を通さない密封性の高い容器に詰め替えて、湿気の少ない冷暗所に常温で保存してください。

お客さまからいただいた「声」をご紹介します

ジャズを聴きながら頂くのが一番と拘っています。
毎朝、そして日中少し休憩するときの「インドネシア アチェ ガヨマウンテン」の一杯は、香りと深みのある味わいが、安らぎと豊かな心地にしてくれる大人の時間のひと時です。この「インドネシア アチェ ガヨマウンテン」は一寸キザですが、ジャズを聴きながら頂くのが一番と拘っています。

(寺村周三さま/茨城県) 2016/05/19

薫の感覚をより刺激されます。
学生時代から40年ほどコーヒーにはこだわりを持って、いただいてまいりました。ほとんど、手回しのミルで直前に挽いて、ペーパードリップで淹れます。本品の封を開けた最初の印象は、豆が大きい、ということ。「高級品」の多くは、一粒が大きいことも特徴でしょう。小さめの豆にも、もちろん美味しいものはございますが、今回いただいた豆は、特大と思いました。私は、もともと、フルーティな酸味のある飲料としてのコーヒーが好みです。開封直後のインスタントコーヒーも、最近はその場で挽いて淹れる回転率の高いコンビニエンスストアのコーヒーも、TPOに応じてそれぞれ楽しんでおりますが、少しの砂糖と牛乳を加えて飲む、甘味と酸味の強目の一杯が好きです。豆や焙煎の選択も、そのへんを目安に定番のものと、時々、未体験の商品とを注文しています。本品のいちばん最初の薫りは、実は「生臭さ」を少し感じました。おや、と思いました。甘味と酸味、多少のコクが出すぎているのか、焙煎がいつもよりも浅めだったのかもしれません。その一杯も、温度が下がり、3口、4口めには、慣れもあるのでしょう。普通に、美味しくいただけました。2杯めからは、これも慣れかもしれませんが、臭みは感じませんでした。多分、封をした時にこもった何か、別の風味も最初の薫りに関係していたかもしれません。とまれ、飲み終わるまで、多めの豆でいつも濃いめに淹れて、美味しくいただきました。好みの風味、かと申しますと、それほどでもありませんが、少し変わった豆を飲みたくなったら、たまにはまた注文してもよいと思います。今度は、ほんの少し、深めの焙煎で飲んでみても面白いかと思います。

(横瀬町在住男性さま/埼玉県) 2016/05/19

個人的にもリラックスして飲んでいます。
コーヒー好きの友人・知人と一緒に定期的ではありますがコーヒータイムを楽しんでいます。個人的にもリラックスして飲んでいます。友人・知人とコーヒーを飲むときは、ゆっくり味わい半分ほど飲むまでは誰もしゃべらないですね。(笑)その後はコーヒー談議です。「インドネシア アチェ ガヨマウンテン」は香りやコク、苦み、酸味、甘味のバランスがよく非常に美味しいです。友人・知人も「美味しい、美味しい」と言って喜んで飲んでいます。この豆の味は今までに味わったことのない味で好きな豆の仲間入りとなります。やはり土居さんのコーヒー豆はどれも美味しく自信を持って友人・知人に紹介出来ます。知人は土居さんからコーヒー豆を購入したと言ってました。

(中村さま/石川県) 2016/05/19

封を切ったときの香りがとてもよかったです。
連休中に、朝ゆっくり家族で楽しみました。封を切ったときの香りがとてもよかったです。時間のとれそうなときにまた注文したいと思います。

(匿名さま/愛媛県) 2016/05/19

珈琲をグビッと飲むと一瞬疲れを忘れてしまいます
毎日夜遅く、くたくたになって帰宅したあとに「今日もがんばった!」自分へのご褒美としてアチェ ガヨマウンテンを飲んでいます。この銘柄は非常に香りが滑らかでリラックス効果が得られます。パッケージから1杯分の粉をコーヒーメーカーに入れるその時からやわらかくてまろやかな香りに癒されます。出来上がった珈琲をグビッと飲むと一瞬疲れを忘れてしまいます。どんなに疲れていても私はガヨちゃんを飲むことを欠かしません。ガヨマウンテンは私の中で「癒し珈琲」の代名詞としてライフサイクルにレギュラーとして毎日登場しています。

(増田隆宏さま/東京都) 2016/05/19

胃の調子は良好です。
毎朝、食事前に目覚まし代わりに2杯飲んでます。朝は目覚めが悪く、仕事に集中できるように、必ずブラックです。胃は、弱い方ですが、ブラックでも食事前でも、胃の調子は良好です。

(たけちゃんさま/秋田県) 2016/05/20

私このコーヒー気に入った!
東南アジアのコーヒーはあまり飲みませんでしたが、土居珈琲さんのご紹介コメントを見て注文させていただきました。コーヒーは毎朝夫婦で楽しませていただいておりますが、妻からこのコーヒーにかえた初日から「コーヒー替えた?私このコーヒー気に入った!」とコメントがあり、毎朝おいしくいただいております。今までは、中米南米系の香り高い苦みのすっきりしたコーヒーが好みですが、このアチェガヨマウンテンは、嫌みのない独特の香りとスッキリとした後味にやられました(笑)。今後も土居さんのコーヒーに期待しております。

(グリーンさま/神奈川県) 2016/05/23

妻から「コーヒー替えた?私このコーヒー気に入った!」とのコメント。
東南アジアのコーヒーはあまり飲みませんでしたが、土居珈琲さんのご紹介コメントを見て注文させていただきました。コーヒーは毎朝夫婦で楽しませていただいておりますが、このコーヒーにかえた初日、妻から「コーヒー替えた?私このコーヒー気に入った!」とのコメント。毎朝おいしくいただいております。今までは、中南米系の香り高い苦みと、すっきりしたコーヒーが好みですが、このアチェ ガヨマウンテンは、嫌みのない独特の香りとスッキリとした後味にやられました(笑)。今後も土居さんのコーヒーに期待しております。

(グリーンさま/神奈川県)

「今日もがんばった!」自分へのご褒美として飲んでいます。
毎日夜遅く、くたくたになって帰宅したあと「今日もがんばった!」自分へのご褒美として、アチェ ガヨマウンテンを飲んでいます。この銘柄は非常に香りが滑らかで、リラックス効果が得られます。パッケージから1杯分の粉をコーヒーメーカーに入れるその時から、やわらかくてまろやかな香りに癒されます。出来上がった珈琲をグビッと飲むと、一瞬疲れを忘れてしまいます。どんなに疲れていても、私はガヨちゃんを飲むことを欠かしません。ガヨマウンテンは私の中で「癒し珈琲」の代名詞。ライフサイクルにレギュラーとして、毎日登場しています。

(増田隆宏さま/東京都)

朝ゆっくり家族で楽しみました。
連休中に、朝ゆっくり家族で楽しみました。封を切ったときの香りがとてもよかったです。時間のとれそうなときにまた注文したいと思います。

友人・知人も「美味しい、美味しい」と喜んで飲んでいます。
コーヒー好きの友人・知人と一緒に、定期的ではありますがコーヒータイムを楽しんでいます。個人的にもリラックスして飲んでいます。友人・知人とコーヒーを飲むときは、ゆっくり味わい、半分ほど飲むまでは誰もしゃべらないですね。(笑)その後はコーヒー談議です。

「インドネシア アチェ ガヨマウンテン」は香りやコク、苦み、酸味、甘味のバランスがよく、非常に美味しいです。友人・知人も「美味しい、美味しい」と喜んで飲んでいます。この豆の味は今までに味わったことのない味で、好きな豆の仲間入りとなりました。やはり土居さんのコーヒー豆はどれも美味しく、自信を持って友人・知人に紹介出来ます。知人は、土居さんからコーヒー豆を購入したと言ってました。今後ともよろしくお願いします。

(中村さま/石川県)

安らぎと豊かな心地にしてくれる、大人の時間のひと時
毎朝、そして日中、少し休憩するとき「インドネシア アチェ ガヨマウンテン」の一杯は、香りと深みのある味わいで、安らぎと豊かな心地にしてくれる、大人の時間のひと時です。この「インドネシア アチェ ガヨマウンテン」は、ちょっとキザですがジャズを聴きながら頂くのが一番、とこだわっています。

(寺村周三さま/茨城県)

____________ 最近チェックした銘柄 ____________