ショッピングカートを見る

浅炒りのハイローストで仕上げました。“酸味”と“甘み”をお楽しみください。

こちらの銘柄は、土居博司が浅炒りで仕上げた味わいの魅力を楽しんでいただくために、作り出しました。パッケージ(オレンジ)

土居博司が浅炒りで仕上げた味わいの魅力を楽しんでいただくために、作り出しました。

コーヒーは浅炒りのハイローストで仕上げることで、銘柄のもつ酸味、甘みが引き立ちます。こちらの銘柄は、土居博司が浅炒りで仕上げた味わいの魅力を楽しんでいただくために、作り出しました。ブラジル産、コロンビア産、グァテマラ産の銘柄を使用。毎日の食卓をそっと彩ります。

テイスティング評

焙煎度合いを浅く仕上げることで活きてくる酸味と甘みを楽しめるようにブレンド。そこに強い香りが加わる。

カップ点数 香り4 コク2 酸味4 苦味2 甘味4

軽い味わい アメリカンミックス パッケージ(オレンジ)

備考

  • 一杯あたりの豆の使用量の基準は約10gです。
  • こちらの銘柄は、ブレンドの味わいをよりお楽しみいただくため、焙煎度合いを限定させていただいております。

商品名

軽い味わい アメリカンミックス

商品価格(税込)

1,404

内容量

200g

焙煎度合い

お店におまかせ(ハイロースト)

豆の状態

豆のまま
細挽きペーパードリップ用
中挽きコーヒーメーカー用
粗挽きカフェプレス用

注文数量

お客さまからいただいた「声」をご紹介します。

美味しい酸味が、こんなに爽やかなものとは知りませんでした!!





砂糖を入れたとき、飲んだ後、香ばしい香りがしました。





感動させてくれるほどのもの
”アメリカン?口直しに飲む薄いコーヒーだろう。”私はそう思っていました。しかし、御社のホームページで”アメリカンミックス”という商品を見つけ、”ドイさんのアメリカンなら試す価値がある”と思い、先日注文いたしました。来た当日にすぐに飲んでみました所、2つの感情が私に湧きあがって来ました。

一つ目は”これが本当にアメリカンかよ!”という某芸能人の方のツッコミのような感情。二つ目は”ごめんなさい・・・”という反省に近い感情。なぜなら、あっさりとした味でありながら、ちゃんとコーヒーの心地よい香りもしたからです。”あっさりとした味”も薄いのではなく、スゥーッとすぐに消えていく味、まるで淡雪の如く、といった言い方がぴったりのものでした。

お陰様で今までアメリカンに抱いていたイメージが木っ端微塵に砕け散りました。単に美味しいものなら、ある程度のお金を出せば今の世の中手に入ります。しかし、感動させてくれる程のというものにはなかなか出会えません。その上、驚かせてくれるもの、といったら・・・言うまでもないかもしれません。

(佐々木崇雄 さま/東京都)

二人が初めて知った瞬間。
実はアメリカンというと薄いコーヒーをイメージしていました。ファミレスのブレンドコーヒーは苦くて飲めません。「まあ、アメリカンなら・・・」と。

土居さんに出会って、最初に注文したのは「モンデュール農園」。いい香りと不思議な柑橘系の甘み。「甘いね。なんだろう・・・」二人が初めて珈琲が甘いものだということを知った瞬間でした。

即、私の彼は土居珈琲さんがお気に入りになってしまいました。それからいろいろ試してみましたが、なんと言ってもこのアメリカンミックスは、お腹が空いていても、飲めてしまうんですね〜。逢う時には、必ず二人はお腹を空かせていますから(笑)

土居珈琲さんに出会って約一年になりますが、ドライブなどで、一日一緒の時には、最低2リットルは必要。半日でも1リットルは軽く飲んでしまいます。もちろん数種類の珈琲を持参しますが、このアメリカンミッスとモンデュール農園は欠かせません。これから桜の季節。お花見ドライブに行きたいですね。もちろん、土居さんのコーヒーは必需品です

(松本明美さま/茨城県)

____________ 最近チェックした銘柄 ____________