ショッピングカートを見る

人間の「手仕事」を積み重ねて作られた農園の銘柄です。

天日乾燥を行っている様子。均等に太陽光が当たるようにしていきます。パッケージ(オレンジ)

“小さな農園”ならではの銘柄作りの風景。太陽光が均等に当たるようにコーヒーの生豆を広げていきます

天日乾燥前に行われている、人の手による選別作業風景

天日乾燥前に行われている、人の手による選別作業風景

丁寧な「手仕事」にこだわる様子が一目でわかる農園

今回ご紹介するのは、グァテマラにある“小さな農園”、エル・モリート農園。農園オーナーはロベルト氏。栽培、生育、収穫、乾燥など農園内の仕事は、人間の「手仕事」にこだわって行われています。こうしたことは、農園オーナー ロベルト氏の仕事へのこだわりがあってこそ。

ブロック分けされた天日乾燥場の様子

ブロック分けされた天日乾燥場の様子

「手仕事」の積み重ねが、世界に名を馳せた銘柄をお楽しみください

人間の「手仕事」によって作り出された銘柄は、2014年グァテマラCOE(カップ オブ エクセレンス)にて、3位を受賞。「手仕事」を積み重ねることで世界に名を馳せた農園の銘柄を、ぜひお客さまにお楽しみいただきたいと考え、この銘柄を買い付けました。“小さな農園”の銘柄ゆえ、限定680個でのご案内です。ご注文はお早めに。

テイスティング評

ベリー系の濃厚な酸味。赤ワインのような深いコクが絶妙。明るくはじけるようなパッションフルーツを感じさせる。

カップ点数 香り4 コク3 酸味2 苦味4 甘味2

お客さまからよくいただくご質問について

抽出するコーヒー器具にあった"粉の挽き目の目安"を教えてください。

土居珈琲では、より美味しいコーヒーをお楽しみいただくために、お使いの器具にあった“挽き目”をお選びいただけます。器具がお分かりにならない場合は、“中挽き”をお選びください。

豆のまま

豆のまま

豆から粉に挽く時が、その銘柄が持つ香りを一番強くはなつ瞬間です。よりコーヒーの香りをお楽しみいただくために、淹れる直前に豆から粉に挽くことを土居珈琲ではおすすめしています。

粗挽き(パーコレーター)

粗挽き(カフェプレス用)

ザラメ糖ほどの大きさ。カフェプレスのように、お湯とコーヒーの粉が直接触れるたてかたに向いています。 【適した抽出器具】カフェプレス / パーコレーター / ケメックス

中挽き(コーヒーメーカー用)

中挽き(コーヒーメーカー用)

ザラメ糖とグラニュー糖の中間ほどの大きさ。コーヒーメーカーをはじめとした、多くの抽出方法に対応する挽き具合です。 【適した抽出器具】コーヒーメーカー / ネルドリップ / カフェオールドリッパー

細挽き(ペーパードリップ用)

細挽き(ペーパードリップ用)

パウダーに近いグラニュー糖ほどの大きさ。これより細かい挽き具合はエスプレッソ用となります。 【適した抽出器具】ペーパードリップ / サイフォン / 水出しコーヒー

極細挽き(エスプレッソ用)

極細挽き(エスプレッソ用)

手にとっても粒の感覚をほぼ感じない、小麦粉ほどの大きさ。エスプレッソ抽出の際にご指定下さい。 【適した抽出器具】エスプレッソマシン

コーヒーの保存方法について。

光を通さない密封性の高い容器に詰め替えて、湿気の少ない冷暗所に常温で保存してください。

____________ 最近チェックした銘柄 ____________