いつもコーヒーのことばかり考えている人のために。土居珈琲

早朝の、音のない珈琲工房。


わたしの一日は焙煎釜のスイッチをいれることから、はじまります。
それをきっかけにモーターがいきおいよく回り出し、工房の中はいろいろな音に包まれていきます。

わたしにとって、いつもの房の風景です。


この工房の風景に、大切なものがひとつ欠けることになりました。
父、土居博司が、この夏、静かに息を引き取りました。


しかし、わたしは今も、父とともに仕事をしています。


彼が使っていた焙煎釜。長い年月を通して、多くの部品が彼の手形に変形しているそれは、わたしにとって、「父」そのものです。


そして、工房の机の上には、一冊の『技術書』が置かれています。
これは父が生前書きためていたものです。そのページ数は、膨大な量になります。
焙煎の技術論から心の持ちよう、釜の手入れ方法やその重要性など、 書かれている内容は多岐にわたります。


最後のページは筆圧が弱まり、字も大きく乱れたものとなっていますが、
この『技術書』は、まさに父の魂です。


土居博司が残した『焙煎釜』と『技術書』。このふたつをもって、土居珈琲はこれからもみなさまに、よりご満足いただけるコーヒーをお届けさせていただきます。


眉間にしわを寄せながら、厳しい表情で工房に立つ土居博司は、この場所に、今もたしかに存在しています。


これからも土居珈琲を、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

 

株式会社 土居珈琲