ショッピングカートを見る

“隠れた名品”『ハイマウンテン』のご紹介

完熟したコーヒーの実のみを、手積みで丁寧に収穫しました。パッケージ(黒)

完熟したコーヒーの実のみを、手積みで丁寧に収穫しました。

標高1,000から2,000mで収穫される銘柄は、「ハイマウンテン」と称されます。

ビターチョコレートを感じさせる上質な甘味が楽しめる銘柄です

ジャマイカ島に位置するブルーマウンテン山。その山の標高1,000から2,000mで収穫される銘柄は、「ハイマウンテン」と称されます。「ブルーマウンテン」より、標高が一段低い場所で収穫される銘柄ですが、味が劣るというわけではありません。「ブルーマウンテン」とは異なる上質な“甘味”が楽しめます。

農園オーナーのジャッキー・マイノット氏とジョン・マイノット氏。

“バロンホール農園”のものを、ご用意しました

今回楽しんでいただく「ハイマウンテン」としてご用意したのは、バロンホール農園のもの。農園オーナーはジャッキー・マイノット氏とジョン・マイノット氏。品質の安定感はジャマイカ随一と評され、世界的に知名度が高い農園です。その中でも、今回は最上ランク品の「ティピカ」のロットをご用意しました。

テイスティング評

強いアーモンドの中にかすかにアンズを感じる香り。心地よい酸味がすっきりと消えていくきれいなコーヒー。

カップ点数 香り4 コク4 酸味2 苦味2 甘味5

ハイマウンテン バロンホール農園 パッケージ(黒)

備考

  • 一杯あたりの豆の使用量の基準は約10gです。

商品名

ハイマウンテン バロンホール農園

商品価格(税込)

7,020

内容量

200g

焙煎度合い

焙煎度合い表

お店におまかせ(ハイロースト)

豆の状態

豆豆のまま
細挽きペーパードリップペーパードリップ用
中挽きコーヒーメーカーコーヒーメーカー用
粗挽きカフェプレスカフェプレス用
極細挽きエスプレッソマシンエスプレッソ用

注文数量

お客さまからよくいただくご質問について

抽出するコーヒー器具にあった"粉の挽き目の目安"を教えてください。

土居珈琲では、より美味しいコーヒーをお楽しみいただくために、お使いの器具にあった“挽き目”をお選びいただけます。器具がお分かりにならない場合は、“中挽き”をお選びください。

豆のまま

豆のまま

豆から粉に挽く時が、その銘柄が持つ香りを一番強くはなつ瞬間です。よりコーヒーの香りをお楽しみいただくために、淹れる直前に豆から粉に挽くことを土居珈琲ではおすすめしています。

粗挽き(パーコレーター)

粗挽き(カフェプレス用)

ザラメ糖ほどの大きさ。カフェプレスのように、お湯とコーヒーの粉が直接触れるたてかたに向いています。 【適した抽出器具】カフェプレス / パーコレーター / ケメックス

中挽き(コーヒーメーカー用)

中挽き(コーヒーメーカー用)

ザラメ糖とグラニュー糖の中間ほどの大きさ。コーヒーメーカーをはじめとした、多くの抽出方法に対応する挽き具合です。 【適した抽出器具】コーヒーメーカー / ネルドリップ / カフェオールドリッパー

細挽き(ペーパードリップ用)

細挽き(ペーパードリップ用)

パウダーに近いグラニュー糖ほどの大きさ。これより細かい挽き具合はエスプレッソ用となります。 【適した抽出器具】ペーパードリップ / サイフォン / 水出しコーヒー

極細挽き(エスプレッソ用)

極細挽き(エスプレッソ用)

手にとっても粒の感覚をほぼ感じない、小麦粉ほどの大きさ。エスプレッソ抽出の際にご指定下さい。 【適した抽出器具】エスプレッソマシン

コーヒーの保存方法について。

光を通さない密封性の高い容器に詰め替えて、湿気の少ない冷暗所に常温で保存してください。

お客さまからいただいた「声」をご紹介します

すばらしく感動したのを覚えています。
土居さんのコーヒーを飲み始めて約半年になります。ブルーマウンテンをはじめ、いろいろ飲み比べて楽しんでいます。ハイマウンテンは最初に買った豆のひとつですが、すばらしく感動したのを覚えています。どのコーヒーもおいしいのですが、ハイマウンテンは常に確保していないと我慢できません。最近では豆の種類と挽き方の組み合わせで自分好みになるようにデーターを取りながら試行錯誤しています。これからもおいしいコーヒーをよろしくお願いします。

(伊藤雅彦さま/愛知県) 2015/04/09

主人はブラックで私はカフェオレで飲んでいます。
いつも美味しい珈琲を有り難うごさいます。ハイマウンテンを飲むようになって何年になるでしょう。我が家でハイマウンテンは主人と共に「美味い」の一言につきます。たまに違う銘柄を購入したりしますが、やはりハイマウンテンでないとだめなようです。主人はブラックで私はカフェオレで飲んでいます。

外出先で飲む珈琲よりも我が家で飲むハイマウンテンが一番美味しいと思います。価格は高めですが我が家のささやかな贅沢と思い、今ではなくてはならない一品です。

(匿名さま/佐賀県)

ハイマウンテンにはまりそうです。
いつも、土居コーヒーさんのコーヒー美味しくいただいています。今回以前から気になっていたハイマウンテンを注文し、いただきました。ずっと飲んでいるオリフラマーも非常にお気に入りですが、ハイマウンテンにはまりそうです。

(田頭伸彦さま/新潟県)

マンデリンと飲み比べてみたいと取り寄せました。
今回マンデリンと飲み比べてみたいと取り寄せました。毎朝夫婦2人でコーヒータイムとして嗜んでいます。感想として、豆を曳いたときマンデリンと比較して少し豆の香りが控えめに感じました。湯を注いだ時点でもそう思われました。味として苦み(私達は苦みが好み)はマンデリンに似てると感じました。飲み口はどちらかというとまろやかで、女性好みかな?と思います。癖のない味は一般向きかと思います。

(kasubuti206さま/島根県)

このコーヒーに夢中です。
毎度お世話になってます。ハイマウンテンを飲み続けて何年になることでしょう(笑)我が家では小学生の孫からお爺ちゃんまで家族2世帯7人全員が
このコーヒーに夢中です。透き通った濃くといいますか甘み苦みが絶妙でお客様にも大変、好評です。

(匿名さま/福岡県)

飽きることなくハマっています。
母と私、近頃はあっさり軽いタイプが好みですが酸味はニガテという難しい好みになってしまいました。ドイコーヒーさんのハイマウンテンは酸味が柔らかく後味スッキリと言う印象です。そして、まるでアロマを飲んでいるかのように芳醇!とは大げさでしょうか?(笑)本当に、朝起き抜けでも食後でも夜も、いつ飲んでも飽きることなくハマっています。美味しいです。

(田根成子さま/大阪府)

私のハイマウンテンの楽しみ方。
私のハイマウンテンの楽しみ方。珈琲を入れる。ジャマイカの高地を想いながら目を閉じ香りを楽しむ。澄みきった空気と、力強い大地を想うに充分な香りが立ちこめる。一口含み静かにのどに流す。鼻から抜ける香りに質が高く、軽やかにして飲み応えのある珈琲を確かに感じる。

酸味からくる甘みの苦手な私には、ほろ苦さから来るかすかな甘みが絶妙の旨味を醸すハイマウンテンが、一日の疲れを忘れさせてくれる至高の妙薬となる。

すべからく、土居さんの珈琲は『綺麗』だが、今まで数十種類頂いた中で、この珈琲はコストパフォーマンスにおいてトップであることに間違いはない。これからも、土居さんでしか味わえない『産地を想わせる珈琲』をリーズナブルにご紹介頂きたいと願います。

(Star Stylist Producerさま/愛知県)

この銘柄に惹かれてしまいました。
いろいろな銘柄を試してきましたが、自分が本当に気に入った銘柄というものいなかなかたどり着けなかったのです。ある日主人が、「いつもと違った銘柄も飲んでみたい。」というので勝手に注文。それがこの「ハイマウンテン」でした。

それいらい主人がこの銘柄ばかりを注文するようになったわけですが、結果私もこの銘柄に惹かれてしまいました。

(田中由紀子さま/神奈川県)

____________ 最近チェックした銘柄 ____________
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

: 定休日

営業時間は、月〜金曜日(平日) 9:00〜17:00です。

土居珈琲工房 探訪
焙煎の鮮度にこだわる
ハンドピックについて
焙煎度合いについて
挽き具合について
コーヒーの保存方法について
たてかたについて
お客さまの「声」
「声」をお聞かせ下さい
メディア掲載
スイーツとの相性から銘柄を選ぶ
アレンジコーヒーレシピ
お客さまサポート
ご利用ガイド
買い物かごの入力方法について
ギフトに関する対応について
FAXでのご注文
「ニュースレターが届かない」というお客さまへ
定期宅配プラン出荷のご案内
配送状況のお問い合わせ
土居珈琲ライブラリー
今回、土居珈琲として、新たな挑戦にいどみました。
旅の中のコーヒー(パタゴニア編)
ブラジル バウ農園オーナー フクダ トミオ氏インタビュー 「樹が本来もっている『自然の力』を信用したのです」
煎度合いを変えることで、コーヒーの味は変わります。
“スペシャリティー”と称される品質をもつ銘柄は、 全生産量の10%しかありません。