ショッピングカートを見る

この銘柄は、自然の“きまぐれ”によって生み出されました。

マラゴジッペ種。大粒で立派な見栄えと、独特な風味をもつ品種ですパッケージ(オレンジ)

マラゴジッペ種。大粒で立派な見栄えと、独特な風味をもつ品種です

実の大きさは、全品種のなかでも最大級の大きさです

実の大きさは、全品種のなかでも最大級の大きさです

自然の“きまぐれ”によって生み出されました

現在のコーヒーの品種は、ほぼ人工的な品種改良によって作り出されたものです。しかし、今回ご紹介する銘柄は、そうした人の手による品種改良ではありません。自然の突然変異によって生まれた品種のコーヒーの樹から収穫されました。その自然の“きまぐれ”が生み出した品種が、「マラゴジッペ種」です。

焙煎後の香りは、コーヒー独特の甘味をおびた“ふわり”とした香り

焙煎後の香りは、コーヒー独特の甘味をおびた“ふわり”とした香り

コーヒー豆のサイズは、ことさら大きいです

「マラゴジッペ種」の特徴は、コーヒー豆のサイズが大きいこと。そして、“ふわり”とした香りと、甘く丸みのある味わいをもつことです。この味わいを引き出すために、今回、浅炒りの「ハイロースト」、もしくは中炒りの「シティロースト」で仕上げさせていただきます。コーヒーのみで楽しまれる方は「ハイロースト」を。ケーキなどと一緒に楽しむ機会が多い方は、「シティロースト」をご指定ください。

希少な銘柄を作り出す、パンクス農園 フアン・ポンセ・グアイ氏

希少な銘柄を作り出す、パンクス農園 フアン・ポンセ・グアイ氏

この「マラゴジッペ種」の味わいを楽しめる機会は、これで最後になるかもしれません

今回、グァテマラ パンクス農園から収穫された「マラゴジッペ種」の銘柄をご用意しました。お客さまにご紹介する理由として、近年産地国で流行した“さび病”の影響で、こちらの銘柄の収穫量が激減、市場から姿を消そうとしていることがあります。この「マラゴジッペ種」の味わいを楽しめる機会は、これで最後になるかもしれません。

テイスティング評

爽やかな酸味。芳醇さと奥ゆかしさを備えた甘みがきれいな酸味と溶け合う。芳ばしい濃厚な甘い香り。

カップ点数 香り3 コク3 酸味3 苦味4 甘味4

お客さまからよくいただくご質問について

抽出するコーヒー器具にあった"粉の挽き目の目安"を教えてください。

土居珈琲では、より美味しいコーヒーをお楽しみいただくために、お使いの器具にあった“挽き目”をお選びいただけます。器具がお分かりにならない場合は、“中挽き”をお選びください。

豆のまま

豆のまま

豆から粉に挽く時が、その銘柄が持つ香りを一番強くはなつ瞬間です。よりコーヒーの香りをお楽しみいただくために、淹れる直前に豆から粉に挽くことを土居珈琲ではおすすめしています。

粗挽き(パーコレーター)

粗挽き(カフェプレス用)

ザラメ糖ほどの大きさ。カフェプレスのように、お湯とコーヒーの粉が直接触れるたてかたに向いています。 【適した抽出器具】カフェプレス / パーコレーター / ケメックス

中挽き(コーヒーメーカー用)

中挽き(コーヒーメーカー用)

ザラメ糖とグラニュー糖の中間ほどの大きさ。コーヒーメーカーをはじめとした、多くの抽出方法に対応する挽き具合です。 【適した抽出器具】コーヒーメーカー / ネルドリップ / カフェオールドリッパー

細挽き(ペーパードリップ用)

細挽き(ペーパードリップ用)

パウダーに近いグラニュー糖ほどの大きさ。これより細かい挽き具合はエスプレッソ用となります。 【適した抽出器具】ペーパードリップ / サイフォン / 水出しコーヒー

極細挽き(エスプレッソ用)

極細挽き(エスプレッソ用)

手にとっても粒の感覚をほぼ感じない、小麦粉ほどの大きさ。エスプレッソ抽出の際にご指定下さい。 【適した抽出器具】エスプレッソマシン

コーヒーの保存方法について。

光を通さない密封性の高い容器に詰め替えて、湿気の少ない冷暗所に常温で保存してください。

お客さまからいただいた「声」をご紹介します

どれを飲んでも美味しいです。
とても美味しいです。土居コーヒーさんのコーヒーは、どれを飲んでも美味しいです。他店のコーヒーは飲めません。香りもいいし、味もいいし出会えて幸せです。ありがとうございます。

(rieさま/新潟県) 2018/04/11


____________ 最近チェックした銘柄 ____________