ショッピングカートを見る

「ショコラ」と名付けられた銘柄、ご用意しました。

チョコレートのような香りと適度なコク。後味に心地よい渋味と甘みがひろがるパッケージ(オレンジ)

チョコレートのような香りと適度なコク。後味に心地よい渋味と甘みがひろがる

時間をかけてゆっくりコーヒーの実を熟成させることで、この「甘み」が作り出されます

時間をかけてゆっくりコーヒーの実を熟成させることで、この「甘み」が作り出されます

ビターチョコレートのような独特の「甘み」

今回ご用意したこちらの銘柄は、「ショコラ」の名が付けられています。その理由はビターチョコレートのようなほろ苦い「甘み」を有しているからです。この特徴的な「甘み」は、土壌と水資源に恵まれた風土のもと、コーヒーの実をゆっくり熟成させることで、はじめて作り出されます。

“サントアントニオドアンパロ地域。厳しい基準を満たした特別ロットのみに、はじめて「ショコラ」の名を冠せられます。

サントアントニオドアンパロ地域。厳しい基準を満たした特別ロットのみに、はじめて「ショコラ」の名を冠せられます。

「ショコラ」が完成するまで

こちらの銘柄はブラジル サントアントニオドアンパロ地域にある小規模コーヒー農園のスタッフの手によって育てられました。作り出された銘柄のなかでも、厳しい基準を満たした特別ロットのみに、はじめて「ショコラ」の名が冠せられます。

テイスティング評

チョコレートのような香りと適度なコクが魅力。しっとりとした口当たり。後味に心地よい渋味と甘みがひろがる。

カップ点数 香り4 コク2 酸味3 苦味2 甘味4

お客さまからよくいただくご質問について

抽出するコーヒー器具にあった"粉の挽き目の目安"を教えてください。

土居珈琲では、より美味しいコーヒーをお楽しみいただくために、お使いの器具にあった“挽き目”をお選びいただけます。器具がお分かりにならない場合は、“中挽き”をお選びください。

豆のまま

豆のまま

豆から粉に挽く時が、その銘柄が持つ香りを一番強くはなつ瞬間です。よりコーヒーの香りをお楽しみいただくために、淹れる直前に豆から粉に挽くことを土居珈琲ではおすすめしています。

粗挽き(パーコレーター)

粗挽き(カフェプレス用)

ザラメ糖ほどの大きさ。カフェプレスのように、お湯とコーヒーの粉が直接触れるたてかたに向いています。 【適した抽出器具】カフェプレス / パーコレーター / ケメックス

中挽き(コーヒーメーカー用)

中挽き(コーヒーメーカー用)

ザラメ糖とグラニュー糖の中間ほどの大きさ。コーヒーメーカーをはじめとした、多くの抽出方法に対応する挽き具合です。 【適した抽出器具】コーヒーメーカー / ネルドリップ / カフェオールドリッパー

細挽き(ペーパードリップ用)

細挽き(ペーパードリップ用)

パウダーに近いグラニュー糖ほどの大きさ。これより細かい挽き具合はエスプレッソ用となります。 【適した抽出器具】ペーパードリップ / サイフォン / 水出しコーヒー

極細挽き(エスプレッソ用)

極細挽き(エスプレッソ用)

手にとっても粒の感覚をほぼ感じない、小麦粉ほどの大きさ。エスプレッソ抽出の際にご指定下さい。 【適した抽出器具】エスプレッソマシン

コーヒーの保存方法について。

光を通さない密封性の高い容器に詰め替えて、湿気の少ない冷暗所に常温で保存してください。

____________ 最近チェックした銘柄 ____________
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

: 定休日

営業時間は、月〜金曜日(平日) 9:00〜17:00です。

土居珈琲工房 探訪
焙煎の鮮度にこだわる
ハンドピックについて
焙煎度合いについて
挽き具合について
コーヒーの保存方法について
たてかたについて
お客さまの「声」
「声」をお聞かせ下さい
メディア掲載
スイーツとの相性から銘柄を選ぶ
アレンジコーヒーレシピ
お客さまサポート
ご利用ガイド
買い物かごの入力方法について
ギフトに関する対応について
FAXでのご注文
「ニュースレターが届かない」というお客さまへ
定期宅配プラン出荷のご案内
配送状況のお問い合わせ
土居珈琲ライブラリー
今回、土居珈琲として、新たな挑戦にいどみました。
旅の中のコーヒー(パタゴニア編)
ブラジル バウ農園オーナー フクダ トミオ氏インタビュー 「樹が本来もっている『自然の力』を信用したのです」
煎度合いを変えることで、コーヒーの味は変わります。
“スペシャリティー”と称される品質をもつ銘柄は、 全生産量の10%しかありません。