ショッピングカートを見る

土居珈琲のコーヒーを、こちらで保存してください

ガラス質の琺瑯、アカシア天然木の蓋。コーヒーの粉を約200g保存できます

ガラス質の琺瑯、アカシア天然木の蓋。コーヒーの粉を約200g保存できます

「コーヒーの保存方法は、どうすればいいのか?」
お客さまからとくによくいただくご質問です

コーヒーは「光」「水分」「酸素」にふれることで、コーヒーの成分が劣化していきます。コーヒーの劣化を止めることはできませんが、劣化のスピードをおさえることはできます。コーヒーを、できるだけ「光」「水分」「酸素」にふれさせなければいいのです。そのためには、コーヒー専用の保存缶に移し替えていただくのがもっとも効果的です。

今回、土居珈琲としてこちらの保存缶をご紹介させていただきます。琺瑯ホーロの落ち着いた色合い。木製のふたは、ひとつひとつ丁寧に職人が作りこんだものです。人の手の温かみを感じるこちらで、土居珈琲のコーヒーを、より長くお楽しみください。

コーヒーの劣化の三要素からコーヒーを守り、おいしさを長く保つためには、3つのことが重要です。

@ 冷暗所で保存する
A 乾燥状態を保つ
B「酸素」にできるだけ触れさせないようにする

コーヒーの成分の劣化のスピードをあげる三要素

商品名:ハリオ コーヒーキャニスター BCN-200-W

備考

  • 満水容量 : 800ml (コーヒー粉/豆 約200g保存可能)
  • サイズ : 幅102mm・奥102mm・高143mm
  • 材質 : 本体/琺瑯鋼鈑 フタ/天然木(アカシア) パッキン/シリコーンゴム
  • 原産国 : タイ製
  • メジャースプーン付き
  • 琺瑯はガラス質です。強くぶつけたり床に落とすなどの衝撃により、琺瑯がはがれたり破損することがありますので取り扱いには、十分にご注意ください。

商品名

ハリオ コーヒーキャニスター BCN-200-W

商品価格

2,800

(税込 ¥3,024)

注文数量

お客さまからよくいただくご質問について

抽出するコーヒー器具にあった"粉の挽き目の目安"を教えてください。

土居珈琲では、より美味しいコーヒーをお楽しみいただくために、お使いの器具にあった“挽き目”をお選びいただけます。器具がお分かりにならない場合は、“中挽き”をお選びください。

豆のまま

豆のまま

豆から粉に挽く時が、その銘柄が持つ香りを一番強くはなつ瞬間です。よりコーヒーの香りをお楽しみいただくために、淹れる直前に豆から粉に挽くことを土居珈琲ではおすすめしています。

粗挽き(パーコレーター)

粗挽き(カフェプレス用)

ザラメ糖ほどの大きさ。カフェプレスのように、お湯とコーヒーの粉が直接触れるたてかたに向いています。 【適した抽出器具】カフェプレス / パーコレーター / ケメックス

中挽き(コーヒーメーカー用)

中挽き(コーヒーメーカー用)

ザラメ糖とグラニュー糖の中間ほどの大きさ。コーヒーメーカーをはじめとした、多くの抽出方法に対応する挽き具合です。 【適した抽出器具】コーヒーメーカー / ネルドリップ / カフェオールドリッパー

細挽き(ペーパードリップ用)

細挽き(ペーパードリップ用)

パウダーに近いグラニュー糖ほどの大きさ。これより細かい挽き具合はエスプレッソ用となります。 【適した抽出器具】ペーパードリップ / サイフォン / 水出しコーヒー

極細挽き(エスプレッソ用)

極細挽き(エスプレッソ用)

手にとっても粒の感覚をほぼ感じない、小麦粉ほどの大きさ。エスプレッソ抽出の際にご指定下さい。 【適した抽出器具】エスプレッソマシン

コーヒーの保存方法について。

光を通さない密封性の高い容器に詰め替えて、湿気の少ない冷暗所に常温で保存してください。

____________ 最近チェックした銘柄 ____________
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

: 定休日

営業時間は、月〜金曜日(平日) 9:00〜17:00です。

土居珈琲工房 探訪
焙煎の鮮度にこだわる
ハンドピックについて
焙煎度合いについて
挽き具合について
コーヒーの保存方法について
たてかたについて
お客さまの「声」
「声」をお聞かせ下さい
メディア掲載
スイーツとの相性から銘柄を選ぶ
アレンジコーヒーレシピ
お客さまサポート
ご利用ガイド
買い物かごの入力方法について
ギフトに関する対応について
FAXでのご注文
「ニュースレターが届かない」というお客さまへ
定期宅配プラン出荷のご案内
配送状況のお問い合わせ
土居珈琲ライブラリー
ブラジル バウ農園オーナー フクダ トミオ氏インタビュー 「樹が本来もっている『自然の力』を信用したのです」
煎度合いを変えることで、コーヒーの味は変わります。
“スペシャリティー”と称される品質をもつ銘柄は、 全生産量の10%しかありません。
「コーヒーを粉に挽いたときに発生する微粉は、取り除いたほうがいいですか?」
旅の中のコーヒー(ブータン編)