ショッピングカートを見る

焙煎されてからの日にち

焙煎釜から出た直後のコーヒー豆

いつ焙煎されたのか。
それは、欠かすことが出来ない情報です。

焙煎の鮮度は、コーヒーの最大の魅力といっても過言ではありません。
それは、コーヒーの「香り」と密接に関係しているからです。

コーヒーの生豆は、二百種類もの、「香り」の成分を含んでいます。
しかし、生豆の状態での「香り」は、決して心地よいものではありません。
この生豆に、焙煎という熱加工処理を加えることで、
七百種類以上の「香り」の成分が発生します。

このとき発生した「香り」の成分が、あのコーヒー独特の「香り」を生み出しているのです。

保存状況にもよりますが、生豆を焙煎してから時間が長く経過すると
「香り」は弱くなり、味も劣化していきます。

コーヒーの最大の魅力は「香り」です。
強い「香り」をもつときこそ、その銘柄の持ち味が生きていると言えます。

ですが、焙煎した直後がもっとも強い「香り」をもつかというと、そうではありません。
そこがコーヒーのおもしろいところです。

焙煎した後、1週間ほどの時間をあけることで、その「香り」は熟成され、より強くなります。

そして、焙煎してから30日ほどの期間、成分が変化することで、
その「香り」は、最初の時とは異なる、さまざまな魅力を楽しませてくれます。

それは、それだけの力をもつ品質の高い銘柄だからこそ体験できるものです。

「焙煎してからの、香りの変化を楽しんでいただきたい」。
それが、わたしたちが、焙煎された日にこだわる理由です。

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

: 定休日

営業時間 月〜金曜日(平日) 9:00〜17:00

土居珈琲工房 探訪
焙煎されてからの日にち
ハンドピックについて
焙煎度合いについて
挽き具合について
コーヒーの保存方法について
たてかたについて
お客さまの「声」
「声」をお聞かせ下さい
メディア掲載
スイーツとの相性から銘柄を選ぶ
アレンジコーヒーレシピ
お客さまサポート
ご利用ガイド
買い物かごの入力方法について
ギフトに関する対応について
FAXでのご注文
「ニュースレターが届かない」というお客さまへ
定期宅配プラン出荷のご案内
配送状況のお問い合わせ
土居珈琲ライブラリー
「職人であれば、自分の使う道具は、自分自身で手入れをするのが当たり前」(土居博司 談)
傾斜面にコーヒーの樹を植えることで品質の高いコーヒーが生まれると言われています。それには理由があります。
「腕前の向上」には、やっぱり時間がかかります。
カエルのマークは「レインフォレスト・アライアンス」に認証された農園の証です。
「精製」がコーヒーの味を大きく分けます。