ショッピングカートを見る

お客さまに会いに行きました

コーヒーをお客さまが楽しむ時間、そして共に過ごす毎日。
そこには、お客さまそれぞれのエピソードがあります。
はじめて召し上がっていただいたきっかけやお楽しみいただいたときのご感想、
土居珈琲をご愛飲のお客さまを訪ねました。

西光寺、ご住職であられる春本さま。

第四回
春本さま ご夫妻(茨城県)
(2017/10 取材)

今回インタビューさせていただいたのは、茨城県『西光寺』のご住職であられる春本さま。長きにわたり、ご愛飲いただいております。今回、春本さまご夫妻に、土居珈琲を見つけていただいたきっかけなどのお話を、お聞きかせいただきました。

「何じゃ、これは?」とおどろきました。

はじめて土居珈琲をお試しいただいたきっかけは?

わたしたちが土居さんのコーヒーを知ったのが、2年ちょっと前。きっかけはインターネットですね。4、5年前だったかな、あるお寺さんから、コーヒーをいただいたのです。土居さんのコーヒーではなかったのですが、ちゃんと自分のところで焙煎されたものでした。それまではインスタントコーヒーや、カップにのせるカセットコーヒーを飲んでいましたので、ちゃんと粉からたてたコーヒーを飲んで、「何じゃ、これは?」とおどろきました。あまりにも味がちがったのです。

そんなにちがいましたか?

「こういうコーヒーがあるんだ!」と思いました。そこから、コーヒーを焙煎しているところは、そこだけじゃないだろう、他にもおいしいコーヒーがあるのではないかなと思って、インターネットで家内がいろいろ調べてくれたのです。そうやって、いろいろなところのコーヒーをためし、土居さんのところに行きついたというわけです。つよく記憶に残っているのは、土居さんのコーヒー作りに対する姿勢ですね。これは、すごそうだなと。土居博司さんが、頑固そうで、この人はコーヒー一筋だと感じたのです。

最初にたのんだのは、グァテマラのカペティロ農園と、あとブラジルのダテーラ農園の“お試しセット”でした。

そのときたてたコーヒーを飲んで、ビックリしました。今まで飲んでいたコーヒーと、ぜんぜんちがったのです。それですぐに定期宅配を申し込んで、今にいたります。それから2年間、ずっと飲ませていただいています。いろいろ、ほかのコーヒーも試すのですが、わたしたちにとっては、やっぱり土居さんのコーヒーが一番おいしい。私は大学で学生に教えてもいます。教員室にはコーヒーが用意されている。ですので、ほかのコーヒーを飲む機会もあるのですが、そのコーヒーを飲んだ後は、どうしても土居さんのコーヒーが飲みたくなる。

インターネットでの買い物は、土居さんのコーヒーがはじめてでした。

歴史を感じるすばらしい寺院で、訪問する前おもわず足がすくみました。

わたしはそれまでインターネットで買い物をしたことがなかったのです。やっぱりインターネットでの買い物は不安で・・・。子どもたちからは、「心配することないよ」と言われますけど、やっぱり年代的に少し抵抗があって。でも、土居さんのホームページに書いている内容を見ていると、「ここはだいじょうぶ」と。それで、一度注文してみようという気持ちになったのです。

ありがとうございます。

もう、「はぁ〜、おいしい!」っていう気持ちになりました。

はじめてコーヒーを買ったとき、私はまだ、上手なコーヒーのたて方がわからなかったのですが、いろいろと試行錯誤していくなかで、おいしくたてられるようになりました。土居さんのコーヒーをたてて飲んだ時の感想は、もう、「はぁ〜、おいしい!」って。

土居さんのコーヒーは、香りがすごく良かったね。

そんなに喜んでいただけたのですね。

感激しました、定期宅配コースも、焙煎が新しいうちに飲みきれるように、100gの3点セットを申し込みました。そうすると、毎月いろんな国のコーヒーが送られてくる。もう主人を巻き込んで楽しんでいます。

さっきも言ったけど他のコーヒーを飲んでも、すぐに土居さんのコーヒーを飲みたくなる。やっぱり、おいしいものを知ってしまうと、あと戻りできないですね。

作るコーヒーに、その人柄が表れると思います。

春本さまご家族。ご家族さまで、とても温かくお迎えいただきました。
娘さまにはお茶までたてて振る舞っていただきました。ほんとうにありがとうございました。

ほかのコーヒーと、どういった違いを、お感じいただいているのでしょうか?

コーヒーは温度によっても味が違いますよね。土居さんのコーヒーは、冷めてもおいしい。わたしはその点が、とくに気に入っています。

私が思うのは、土居さんのところは、人とのつながりを大切にして、おいしいコーヒーを作ることに、常に向き合っているっていうことを感じる点です。作るコーヒーに、その人柄が表れていると思います。

家内と二人で飲むことが多いのですが、その時間がとても大切

私は、やはりこういう仕事をしているので、自然と人の「心」に注意がむきます。その人が、いま、どのような気持ちなのかということを察しながら、その人に対して、いろいろお手伝いをする。やはり、人の「心」をことさら大切に考えています。そうしたなか、「何飲みたい?」と家内から聞かれると「じゃあ、いつもの土居珈琲のコーヒー」となります。この時間がわたしにとって、とても大切なのです。「今日も、一日良かったな」と素直に思える。それは、土居さんの作るコーヒーは、「心」を感じさせてくれるからだと思います。

これからも、春本さまにご満足いただけるコーヒーを作りつづけていきたいと思います。本日は、ほんとうにありがとうございました。

Archives