• 定期宅配
  • 今月の『土居博司セレクション』
  • 最新入荷銘柄
  • ランキング
  • 銘柄一覧
  • 土居珈琲ライブラリー
 

ホーム >  『土居銘柄』一覧 > エルサルバドル ラ・レフォルマ農園

100年の歴史の中で、受け継がれる「手摘み」での収穫作業風景。
100年の歴史の中で、受け継がれる「手摘み」での収穫作業風景。完熟したコーヒーの実のみを選別し、一粒一粒丁寧に収穫していきます。

100年以上の歴史を積み重ねることで、この銘柄の味わいは作り出されました。

ラ・レフォルマ農園は、エルサルバドル西部サンタアナ火山の麓に位置します。100年以上の歴史を誇る由緒ある農園です。

農園オーナーは、四代目エドアルド・アルバレス氏。1892年にアルバレス家の先代がコーヒーの種子を手に、この地を開墾したことがはじまりです。肥沃な土壌と温暖な気候のもとでコーヒー栽培の理想郷を実現しています。収穫期には、熟練した摘み手たちが完熟した果実のみを選別し、丁寧に手摘みで収穫しています。

アルバレス氏は語ります。「こうした人間の手作業を中心とした栽培方法は、初代のオーナーがコーヒー農園をはじめた当初から変わっていない。こうした人間の地道な努力の積み重ねが、この銘柄の味わいを作り出しているんだ」

伝統的な手織りのバスケットに収穫されていく完熟実の写真

伝統的な手織りのバスケットに収穫されていく完熟実。

伝統的な手織りのバスケットには、真っ赤に熟したふくよかな果実が収穫されており、アルバレス氏のこだわりを伺える逸品です。

2011年「カップ オブ エクセレンス」3位入賞。

エドアルド・アルバレス

ラ・レフォルマ農園のオーナーであり、エルボルボジョン(ドライミル・輸出業者)の最高責任者。より高いレベルのスペシャリティコーヒーを作り出すため、毎年国外のコーヒー農園オーナーと技術交流を実施。伝統的農法を生かしながらの新たな技術導入にも積極的に取り組んでいる。

ラ・レフォルマ農園 四代目農園オーナー、エドアルド・アルバレス氏。

testing テイスティング評

ダークチョコレートのような心地よいほろ苦さと甘さのバランスが絶妙。同時に柑橘系のグレープフルーツのようなフレッシュでキレイな酸味が心地よい。

カップ点数  香り4 コク2 酸味3 苦味2 甘味4

エルサルバドル ラ・レフォルマ農園

商品番号

017

エルサルバドル
ラ・レフォルマ農園

200g単位 1,512 (税込)

※一杯あたりの豆の使用量基準は約10gです。
※こちらの銘柄につきましては、焙煎度合いを、
おまかせ(フルシティロースト)としております。

当店おすすめの、フルシティローストで仕上げてお届けします。
■豆の状態をお選びください。






挽き目の目安(お分かりにならない場合は、「中挽き」をお選びください。)
____________ 最近チェックした銘柄 ____________
この銘柄への感想をお待ちしています
「ダークチョコレートのような心地よいほろ苦さ」に惹かれて
「ダークチョコレートのような心地よいほろ苦さ」に惹かれて購入しました。「これだ」という淹れ方はなかなかできませんが、夕食後に仕事をしながら飲むのを楽しみにしています。お湯を注いだ時の豆の泡立ち、コーヒーの香りが何ともいえません。この銘柄は初めてですが、やわらかくて飲みやすい感じです。いろいろな銘柄を楽しみたいとは思いますが、おいしいと思った銘柄ばかり買ってしまい、なかなか冒険ができません。今まで、土居コーヒーさんの豆で期待を裏切るものはなかったので冒険とはいえないかもしれませんが、飽きのこない銘柄が多いと思います。もうすぐなくなりますが、もうしばらくこの銘柄を楽しみたいと思います。

(メロンさま/福井県)

とても優しい味と香りで、軽い感じがします
いつも美味しいコ−ヒ−を有難うございます。エルサルバドルのコ−ヒ−は、とても優しい味と香りで、軽い感じがしますが、私は好きです。

(千歳 吉忠さま/兵庫県)

このすっきりとした味わいに、すっかり魅了されてしまいました。
土居珈琲さんの商品を、夫婦で毎朝おいしくいただいております。エルサルバドル ラ・レフォルマ農園は、初めて購入させていただきましたが、このすっきりとした味わいに、すっかり魅了されてしまいました。香りと甘みが豊かで、苦みは抑えられていて、酸味も控えめで、味と香りに本当に満足しております。偶然、バルミューダのトースターを購入したところでしたので、トーストとの相性も抜群でした。

(グリーンさま/神奈川県)