ショッピングカートを見る

お客さまに会いに行きました

コーヒーをお客さまが楽しむ時間、そして共に過ごす毎日。
そこには、お客さまそれぞれのエピソードがあります。
初めて召し上がっていただいたきっかけや、ご感想をお聞きしたくて、
土居珈琲 土居陽介がお客さまにインタビューしました。

コーヒータイムを楽しむ西橋 早苗さま
コーヒータイムを楽しむ西橋 早苗さま
第十回
西橋 早苗さま(東京都)
(2020/09 取材)
  

今回も、素敵なお客さまにお話をお聞きする機会をいただきました。西橋 早苗(にしはし さなえ)さまです。2009年より、土居珈琲をご愛顧いただいております。

きっかけは、土居博司さんでした。

西橋さまには、2009年より、11年間ご愛顧をいただいております。土居珈琲を最初に試してみようとお考えになった、きっかけは覚えていらっしゃいますか。

覚えています。ネットでみつけた珈琲の定期宅配、『珈琲ライフ贅沢倶楽部』のページに載っていた土居博司さんが本当にかっこいい人だったから。おっしゃることにも芯があって、「これはいちど試したい!」と思った。一度試してみたら、本当においしかった。

皆さんおっしゃることだと思うんですけど、それでやめられなくなりました。うちは母子家庭なので特に裕福なわけではありません。

そのなかで、私に許された贅沢はコーヒーと音楽。あと、狭いベランダで「ばら」を育てること。その三つくらいだったんです。だから、私にとってのほんとにとっておきが土居珈琲さんでした。土居珈琲さんのコーヒーを飲んでいると、外でコーヒー飲めないです。

物事は、いい面とわるい面が必ずセットでやってくる

インターネットで、ほかにお買い物をなさることはありますか。

もう、ほとんどネットで買います。私は、14年間在宅ワーカーだったので、家にいることが本当に多かった。在宅ワークは他人からは自由に思われるかもしれませんが、実は見えない拘束やプレッシャーがある。なので服でもお米でも果物でも、なんでもインターネットで買うようになりました。

在宅ワークのむずかしさとは何でしょうか。

物事は、いい面とわるい面とが必ずセットでやってくる。いい面は、子どもと一緒にいられること。子どもに「いってらっしゃい」と言って「おかえりなさい」と言ってあげられる。

むずかしいのは、家事と仕事のメリハリのつけかたですね。人に見られてない分、自分で自分をすごく追い込んでしまう。日本人はとても真面目で、人に認めてもらってこそみたいな部分があるので、仕事の進みが良くなかったらその分、夜中までやってしまう。

自分のやるべきことをきちんとやっているのだから、私はオーケーという感覚をしっかり持つことがたいせつだと思います。

コーヒーとチョコレートは、私にとっての至福

在宅ワークにおいて、「おうち」のなかのアイテムはより重要なのではないでしょうか。

重要です。一番大事だと思うのは、自然ですね。うちにはベランダがあって、そこが、とにかく足の踏み場もないぐらい植木鉢だらけなんです。

つぎに、音楽が好きだから、それもたいせつです。それと、やっぱりコーヒータイム。コーヒーとチョコレートというのは、私にとって至福なのです。私はお酒を飲まないものですから、コーヒーと合うものをたいせつにしています。ナッツも、ドライフルーツも合うと思います。

はじめて砂糖を入れないで飲めたコーヒーです。

はじめてコーヒーを楽しまれた思い出はございますか。

昔ながらの喫茶店で飲んだコーヒーです。ティーンエイジャーのとき。その頃は今みたいにコーヒーの味はちゃんとわかってなかったと思います。わからないのにカッコつけてストロングをブラックで飲んでいた。友達の一言で砂糖を入れたらおいしかった。

土居珈琲さんのコーヒーも、最初は砂糖を入れてたんです。でも、あるとき砂糖を入れずに飲んだら、そのほうがおいしくてびっくり!以来、コーヒーに砂糖は入れなくなりました。土居珈琲さんのコーヒーがはじめて砂糖を入れないで飲めたコーヒーです。

昔の喫茶店は、「居場所」だったと、多くのお客さまからお聞きします。

本当にそうでした。自分の「居場所」があるって、すごく大事なことだと思います。そこに流れている音楽だったり、雰囲気だったりが好きで、そのなかにコーヒーがあった。

小さいけれど、カウンターと、あとは2人席が数席あるような喫茶店が駅ごとにありました。今でも思い出しますが、今ではもうそんな店はないので、すごくさみしいです。

たとえば、映画を見たら、その映画について語り合いたいし、1人だったら余韻に浸りたい。それには喫茶店とコーヒーが不可欠だった。ほかにも、雰囲気のあるジャズが流れている店とか。あそこで贅沢な時間を過ごしました。パトリス・ジュリアンというフランス人が、カフェは第二の部屋であると言っていますが、第二の部屋を感じさせる店に、もう一度出会いたいですね。

ありがとうございます。これからも、西橋さまにたいせつな時間を過ごしていただくためのコーヒーづくりに精進してまいります。

本日は楽しいお話をお聞かせいただき、まことにありがとうございました。

Archives

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

: 定休日

営業時間 月〜金曜日(平日) 9:00〜17:00

土居珈琲工房 探訪
焙煎されてからの日にち
ハンドピックについて
焙煎度合いについて
挽き具合について
コーヒーの保存方法について
たてかたについて
お客さまの「声」
「声」をお聞かせ下さい
メディア掲載
スイーツとの相性から銘柄を選ぶ
アレンジコーヒーレシピ
お客さまサポート
ご利用ガイド
買い物かごの入力方法について
ギフトに関する対応について
FAXでのご注文
「ニュースレターが届かない」というお客さまへ
定期宅配プラン出荷のご案内
配送状況のお問い合わせ
土居珈琲ライブラリー
「職人であれば、自分の使う道具は、自分自身で手入れをするのが当たり前」(土居博司 談)
傾斜面にコーヒーの樹を植えることで品質の高いコーヒーが生まれると言われています。それには理由があります。
「腕前の向上」には、やっぱり時間がかかります。
カエルのマークは「レインフォレスト・アライアンス」に認証された農園の証です。
「精製」がコーヒーの味を大きく分けます。