ショッピングカートを見る

小さな焙煎

横一列に、6台の小さな焙煎釜が並ぶこの「形」は、わたしたちの40年以上の歩みによって生み出された独自のものです
横一列に、6台の小さな焙煎釜が並ぶこの「形」は、わたしたちの40年以上の歩みによって生み出された独自のものです

『小さな焙煎』とは、
わたしたちのコーヒーづくりをあらわした言葉です。

わたしたちはまず、「量」ではなく「質」を追い求めると決めました。
そして、コーヒーをつくることだけに特化する。

ですから、わたしたちはカフェをもちません。
焙煎した後のコーヒーを陳列して売ることもしません。
不特定多数の方のためのコーヒーは、つくらないと決めました。

信頼いただいてご注文いただいた方のために
生豆から、一品一品、小さな釜で焙煎していくことにしました。

小さな釜を選んだのには、理由があります。
この釜でなければ、そのときそのときの豆の姿を見て
火加減や時間を合わせることができないからです。

たしかに大きな釜をつかえば、
大量のコーヒー豆を効率よく焙煎できます。手間も楽です。
しかし、わたしたちはそのことを選びません。

小さな釜でおつくりしているため、
一日それほど多くの量のコーヒーを焙煎はできません。
ですから、わたしたちは一日にお受けする注文数に
上限をもうけさせていただいております。

この面倒なコーヒーづくりの形を、
わたしたちは『小さな焙煎』と名付けております。

今日も、わたしたちの歩みのなかで生まれた
この焙煎の「形」をもって、コーヒーをおつくりしてまいります。

土居珈琲 焙煎士

土居 陽介