ショッピングカートを見る

早朝の、音のない珈琲工房。

わたしの一日は焙煎釜のスイッチをいれることから、はじまります。
それをきっかけにモーターがいきおいよく回り出し、
工房の中はいろいろな音に包まれていきます。
わたしにとって、いつもの工房の風景です。

この工房の風景に、大切なものがひとつ欠けることになりました。
父、土居博司が、この夏、静かに息を引き取りました。

しかし、わたしは今も、父とともに仕事をしています。

彼が使っていた焙煎釜。長い年月を通して、多くの部品が彼の手形に変形しているそれは、
わたしにとって、「父」そのものです。

そして、工房の机の上には、一冊の『技術書』が置かれています。
これは父が生前書きためていたものです。そのページ数は、膨大な量になります。
焙煎の技術論から心の持ちよう、釜の手入れ方法やその重要性など、
書かれている内容は多岐にわたります。

最後のページは筆圧が弱まり、字も大きく乱れたものとなっていますが、
この『技術書』は、まさに父の魂です。

土居博司が残した『焙煎釜』と『技術書』。このふたつをもって、
土居珈琲はこれからもみなさまに、よりご満足いただけるコーヒーを
お届けさせていただきます。

眉間にしわを寄せながら、厳しい表情で工房に立つ土居博司は、
この場所に、今もたしかに存在しています。

これからも土居珈琲を、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

株式会社 土居珈琲

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

: 定休日

営業時間 月〜金曜日(平日) 9:00〜17:00

土居珈琲工房 探訪
焙煎されてからの日にち
ハンドピックについて
焙煎度合いについて
挽き具合について
コーヒーの保存方法について
たてかたについて
お客さまの「声」
「声」をお聞かせ下さい
メディア掲載
スイーツとの相性から銘柄を選ぶ
アレンジコーヒーレシピ
お客さまサポート
ご利用ガイド
買い物かごの入力方法について
ギフトに関する対応について
FAXでのご注文
「ニュースレターが届かない」というお客さまへ
定期宅配プラン出荷のご案内
配送状況のお問い合わせ
土居珈琲ライブラリー
「職人であれば、自分の使う道具は、自分自身で手入れをするのが当たり前」(土居博司 談)
傾斜面にコーヒーの樹を植えることで品質の高いコーヒーが生まれると言われています。それには理由があります。
「腕前の向上」には、やっぱり時間がかかります。
カエルのマークは「レインフォレスト・アライアンス」に認証された農園の証です。
「精製」がコーヒーの味を大きく分けます。