ショッピングカートを見る

すべての「あたりまえ」が守られたなかで、
コーヒーづくりにあたること。(土居博司『技術書』)

新型コロナ問題に直面したとき
わたしは、つぎの3つのことを社内ルールとして取り決め、
すべてのスタッフと確認いたしました。

ひとつは、勤務時におけるマスクの着用の義務化。
ふたつめが、手洗い、およびアルコール消毒の徹底。
さいごに、スタッフの出勤時の検温です。

これらをあらためてルール化したことは、
わたしに大きな反省をうながしました。

コーヒーをあつかうものとして
上記の義務は、「あたりまえ」のこととして、
以前から、徹底させておくべきではなかったか。
そう痛感したからです。

創業者、土居博司がのこした『技術書』には、
つぎの一文が書かれています。

すべての「あたりまえ」が守られたなかで、コーヒーづくりにあたること。

今回の新型コロナ問題は、
わたしたちがなにを「あたりまえ」としながら
コーヒーづくりをおこなっていくのか。

このことを、あらためて考えさせる機会となりました。

わたしたちは、これからも自分たちがもつべき「あたりまえ」とはなにかを
問いつづけながら、コーヒーづくりに尽力してまいります。

代表取締役社長

土居 陽介

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

: 定休日

営業時間 月〜金曜日(平日) 9:00〜17:00

土居珈琲工房 探訪
焙煎されてからの日にち
ハンドピックについて
焙煎度合いについて
挽き具合について
コーヒーの保存方法について
たてかたについて
お客さまの「声」
「声」をお聞かせ下さい
メディア掲載
スイーツとの相性から銘柄を選ぶ
アレンジコーヒーレシピ
お客さまサポート
ご利用ガイド
買い物かごの入力方法について
ギフトに関する対応について
FAXでのご注文
「ニュースレターが届かない」というお客さまへ
定期宅配プラン出荷のご案内
配送状況のお問い合わせ
土居珈琲ライブラリー
「腕前の向上」には、やっぱり時間がかかります。
カエルのマークは「レインフォレスト・アライアンス」に認証された農園の証です。
「精製」がコーヒーの味を大きく分けます。
すべての「あたりまえ」が守られたなかで、コーヒーづくりにあたること。(土居博司『技術書』)
「まろやかな甘みのあるきび砂糖でつくるコーヒーゼリーは、とても美味しいです」(お客さまの声)