ショッピングカートを見る

3ヶ月熟成させることで、この味わいは作り出されました。

トバ湖周辺の小規模農家によって生産された、限定ロットの銘柄を買い付けました。パッケージ(オレンジ)

トバ湖周辺の小規模農家によって生産された、限定ロットの銘柄を買い付けました。

トバ湖周辺の小規模農家が栽培。

3ヶ月以上の時間をかけて、この味はできあがりました

インドネシアのスマトラ島北部にあるトバ湖周辺の小規模農家が栽培。収穫された豆は、手作業によって3回、良質な豆だけを選別。さらにこの生豆を3ヶ月以上熟成。手間のかかった作業を重ねることで、重厚かつ、ふくよかな苦味を楽しめる銘柄に仕上がりました。

古来から伝わる伝統的農法によって生産されました。

古来から伝わる伝統的農法によって生産されました

この銘柄は、古来から伝わる伝統的農法によって生産されたため、味は野性味を感じさせるものです。しかし、その特徴ある味わいが、一部のお客さまの心をつかんではなしません。

テイスティング評

3ヶ月以上の時間をかけて豆を熟成させた「ゴールデンマンデリン」らしい重厚かつ、ふくよかな味わい。

カップ点数 香り3 コク4 酸味2 苦味4 甘味2

「単品定期便」のご案内

単品定期便のご案内

こちらの銘柄は、定期宅配をご用意いたしております。通常商品よりもご優待価格でご注文のお手間なく、定期的にお届けいたします。お届け間隔は、毎月、2ヵ月毎、3ヵ月毎からお選びいただけます。

土居珈琲オリジナル計量スプーン

「単品定期便」をお申込みいただいたお客さまには特典として、「土居珈琲オリジナル計量スプーン」を初回お届けの際にお贈りいたします。

パッケージ写真 パッケージ(オレンジ)
コーヒー豆・粉イメージ写真 焙煎度合い表

備考欄

  • 一杯あたりの豆の基準使用量は約10gです。

備考欄

  • 一杯あたりの豆の基準使用量は約10gです。
  • 特典として「土居珈琲オリジナル計量スプーン」をお付けいたします。

単品定期便のご留意事項

  • 焙煎度合いは「おまかせ」になります。
  • 原材料価格の高騰など、状況の変化にともない、お届け商品の価格を改定させていただく場合がございます。
  • 銘柄においては、品質を最優先とした買いつけをするため、収穫年度によっては、ご契約銘柄がお届け出来なくなる場合がございます。あらかじめ、ご了承くださいませ。

商品名

ゴールデンマンデリン

ご希望の商品をお選びください。

通常商品 200g
2,200 (税込2,376)
単品定期便 200g
2,134 (税込2,305)

ご希望の「焙煎度合い」をお選びください

ハイロースト中炒り
シティロースト中炒り
お店におまかせフルシティロースト
フレンチロースト極深炒り
イタリアンロースト極深炒り

ご希望の「豆の状態」をお選びください

豆豆のまま
細挽きペーパードリップペーパードリップ用
中挽きコーヒーメーカーコーヒーメーカー用
粗挽きカフェプレスカフェプレス用
極細挽きエスプレッソエスプレッソ用

注文数量

お客さまからよくいただくご質問について

抽出するコーヒー器具にあった"粉の挽き目の目安"を教えてください。

土居珈琲では、より美味しいコーヒーをお楽しみいただくために、お使いの器具にあった“挽き目”をお選びいただけます。器具がお分かりにならない場合は、“中挽き”をお選びください。

豆のまま

豆のまま

豆から粉に挽く時が、その銘柄が持つ香りを一番強くはなつ瞬間です。よりコーヒーの香りをお楽しみいただくために、淹れる直前に豆から粉に挽くことを土居珈琲ではおすすめしています。

粗挽き(パーコレーター)

粗挽き(カフェプレス用)

ザラメ糖ほどの大きさ。カフェプレスのように、お湯とコーヒーの粉が直接触れるたてかたに向いています。 【適した抽出器具】カフェプレス / パーコレーター / ケメックス

中挽き(コーヒーメーカー用)

中挽き(コーヒーメーカー用)

ザラメ糖とグラニュー糖の中間ほどの大きさ。コーヒーメーカーをはじめとした、多くの抽出方法に対応する挽き具合です。 【適した抽出器具】コーヒーメーカー / ネルドリップ / カフェオールドリッパー

細挽き(ペーパードリップ用)

細挽き(ペーパードリップ用)

パウダーに近いグラニュー糖ほどの大きさ。これより細かい挽き具合はエスプレッソ用となります。 【適した抽出器具】ペーパードリップ / サイフォン / 水出しコーヒー

極細挽き(エスプレッソ用)

極細挽き(エスプレッソ用)

手にとっても粒の感覚をほぼ感じない、小麦粉ほどの大きさ。エスプレッソ抽出の際にご指定下さい。 【適した抽出器具】エスプレッソマシン

コーヒーの保存方法について。

光を通さない密封性の高い容器に詰め替えて、湿気の少ない冷暗所に常温で保存してください。

お客さまからいただいた「声」をご紹介します

以前のマンデリンより上品な味の様な気がしています。
商品一覧から消えてしまった時はショックでした。でも正直、美味しそうなアマレロの豆を目にした時、迷わず注文!まさに私の好みの味でした、これならゴールデンマンデリンが無くても大丈夫・・・とても嬉しかったです。

なのに、再び商品一覧にあるのがわかったとたん、値段もかえりみずクリスマスにかこつけて注文していました。やっぱり美味しいですよね、そして以前のマンデリンより上品な味の様な気がしています。気のせいでしょうか?

喉が渇いた時もコーヒーが飲みたくなる、食後にも和洋食に関係なくコーヒーが飲みたくなるのですが、美味しいコーヒーが飲みたいと思った時に飲めるのが楽しみです。今度は誕生日にかこつけて、注文をしようと思っています。

(山田乃文江さま/東京都)

目覚ましのモーニングコーヒーにピッタリです。
やっぱり苦い珈琲が好みなのだなぁと、この珈琲を飲んでそう思いました。しっかりかつスキッとした苦み…やっぱり熟成の賜物なんでしょうね。複雑な味わいの中にも1本筋が通ってる感じで、目覚ましのモーニングコーヒーにピッタリです♪

(杉山 敏子さま/愛知県)

苦味がしつこくなく、とてもしっかりスッキリしていて美味しい。
マンデリンは好きな豆で、よく飲むのですが、このゴールデンマンデリンは苦味がしつこくなく、とてもしっかりスッキリしていて美味しい。楽しませていただきました。

(匿名さま/神奈川県)

酸味とほろ苦さ、後に来るほんわかな甘さがいいです。
ハイロースト、シティローストでお願いをしています。どうしても、深炒りにすると私は苦味を感じやすくなります。それも、気分では美味しいのですが。ゴールデンマンデリンは、マンデリンの名前に惹かれて、注文しました。

酸味とほろ苦さ、後に来るほんわかな甘さがいいです。夫婦二人で、くつろいでいるときに楽しんでいます。酸味と甘味が好きな二人です。

(澤田 裕幸さま/北海道)

嫌みのない苦みとコクとの絶妙なバランスはこの豆ならでは
以前販売時より、愛飲していたゴールデンマンデリン。苦味の強いコーヒーが好きなので、毎回注文していました。一覧表から消え、注文出来なかった時の寂しかったこと。こうして再入荷して一安心しています。

味わいについてですが、苦みと共に非常に味わい深いコクがあり、仕事から帰った後にこの豆で淹れたコーヒーでリフレッシュするのが日課です。通常はペーパードリップで落として淹れていますが、この豆はそれだけではもったいなくて、メッシュフィルターを使い、この豆が持っているコクの成分を余すところなく味わうようにしています。

いくら濃く淹れても嫌みのない苦みとコクとの絶妙なバランスはこの豆ならではです。モンド ノーボ ドライ オン ツリーとゴールデンマンデリンは私にとって欠かす事の出来ない鉄板の銘柄です。

(ずっき〜さま/大阪府)

甘味とコクのバランスが非常に良く本当においしい豆
インドネシアの豆はコクのあるものが多いですが、特にこのゴールデンマンデリンは、甘味とコクのバランスが非常に良く本当においしい豆だと思います。同じインドネシアのママサもおいしいと思いましたが、個人的にはそれ以上だと思います。

(匿名さま/兵庫県)

____________ 最近チェックした銘柄 ____________
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

: 定休日

営業時間は、月〜金曜日(平日) 9:00〜17:00です。

土居珈琲工房 探訪
焙煎の鮮度にこだわる
ハンドピックについて
焙煎度合いについて
挽き具合について
コーヒーの保存方法について
たてかたについて
お客さまの「声」
「声」をお聞かせ下さい
メディア掲載
スイーツとの相性から銘柄を選ぶ
アレンジコーヒーレシピ
お客さまサポート
ご利用ガイド
買い物かごの入力方法について
ギフトに関する対応について
FAXでのご注文
「ニュースレターが届かない」というお客さまへ
定期宅配プラン出荷のご案内
配送状況のお問い合わせ
土居珈琲ライブラリー
今回、土居珈琲として、新たな挑戦にいどみました。
旅の中のコーヒー(パタゴニア編)
ブラジル バウ農園オーナー フクダ トミオ氏インタビュー 「樹が本来もっている『自然の力』を信用したのです」
煎度合いを変えることで、コーヒーの味は変わります。
“スペシャリティー”と称される品質をもつ銘柄は、 全生産量の10%しかありません。