ショッピングカートを見る

燕三条の職人によってつくられたコーヒー保存缶です。

  • 職人が手づくりで細部までこだわり、丁寧に仕上げました

    職人が手づくりで細部までこだわり、丁寧に仕上げました
  • 二重フタの構造で遮光性と密閉性に優れた保存缶。コーヒーの鮮度が長持ちします

    二重フタの構造で遮光性と密閉性に優れた保存缶。コーヒーの鮮度が長持ちします

これらの要素から、コーヒー豆を守ることで鮮度が長持ちします

これらの要素から、コーヒー豆を守ることで鮮度が長持ちします

保存缶(キャニスター)に移しかえることで
コーヒーの鮮度が長く保たれます

コーヒーは「光」「水分」「酸素」にふれることで、成分が劣化します。密閉性の高い保存缶に移しかえていただくことでコーヒーの香りと風味がより長く保たれます。

外フタと内フタの二重構造でコーヒー豆の劣化を抑えます

外フタと内フタの二重構造でコーヒー豆の劣化を抑えます

職人がつくった精度の高い保存缶

金属加工の産地として世界的に知られる新潟県燕市と三条市。この燕三条の技術をもってつくられた「珈琲考具」シリーズのひとつがこちら。職人の手仕事でつくられたこの保存缶は、フタが合わさる部分の凹凸が少なくお手入れも簡単。素材も防錆性の高い「18-8ステンレス」を採用しました。

商品名:コーヒーキャニスター

備考

  • メーカー: 下村企販株式会社
  • 材 質 : 18-8 ステンレス
  • 容 量 : コーヒー豆200g(720ml)
  • サイズ : 外径 7.9cm × 高さ 18.2cm
  • 生産国 : 日本
  • 食洗機 : 可

商品名

コーヒーキャニスター

商品価格

4,950(税込)

注文数量

お客さまからよくいただくご質問について

抽出するコーヒー器具にあった"粉の挽き目の目安"を教えてください。

土居珈琲では、より美味しいコーヒーをお楽しみいただくために、お使いの器具にあった“挽き目”をお選びいただけます。器具がお分かりにならない場合は、“中挽き”をお選びください。

豆のまま

豆のまま

豆から粉に挽く時が、その銘柄が持つ香りを一番強くはなつ瞬間です。よりコーヒーの香りをお楽しみいただくために、淹れる直前に豆から粉に挽くことを土居珈琲ではおすすめしています。

粗挽き(パーコレーター)

粗挽き(カフェプレス用)

ザラメ糖ほどの大きさ。カフェプレスのように、お湯とコーヒーの粉が直接触れるたてかたに向いています。 【適した抽出器具】カフェプレス / パーコレーター / ケメックス

中挽き(コーヒーメーカー用)

中挽き(コーヒーメーカー用)

ザラメ糖とグラニュー糖の中間ほどの大きさ。コーヒーメーカーをはじめとした、多くの抽出方法に対応する挽き具合です。 【適した抽出器具】コーヒーメーカー / ネルドリップ / カフェオールドリッパー

細挽き(ペーパードリップ用)

細挽き(ペーパードリップ用)

パウダーに近いグラニュー糖ほどの大きさ。これより細かい挽き具合はエスプレッソ用となります。 【適した抽出器具】ペーパードリップ / サイフォン / 水出しコーヒー

極細挽き(エスプレッソ用)

極細挽き(エスプレッソ用)

手にとっても粒の感覚をほぼ感じない、小麦粉ほどの大きさ。エスプレッソ抽出の際にご指定下さい。 【適した抽出器具】エスプレッソマシン

コーヒーの保存方法について。

光を通さない密封性の高い容器に詰め替えて、湿気の少ない冷暗所に常温で保存してください。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

: 定休日

営業時間 月〜金曜日(平日) 9:00〜16:00

土居珈琲工房 探訪
焙煎されてからの日にち
ハンドピックについて
焙煎度合いについて
挽き具合について
コーヒーの保存方法について
たてかたについて
お客さまの「声」
「声」をお聞かせ下さい
メディア掲載
お客さまサポート
ご利用ガイド
買い物かごの入力方法について
ギフトに関する対応について
FAXでのご注文
「ニュースレターが届かない」というお客さまへ
配送状況のお問い合わせ
土居珈琲ライブラリー
ハンドピック
練りきりとあう銘柄
苦味と甘み
20年以上の月日が経過しました。
いちごどら焼きにあう銘柄