• 定期宅配
  • 今月の『土居博司セレクション』
  • 最新銘柄
  • ランキング
  • 銘柄一覧
  • 土居珈琲ライブラリー

    土居珈琲ライブラリー

  • 珈琲工房の現場から
  • 旅の中の珈琲
  • コーヒー農園通信

土居珈琲ライブラリー > > 「プレミアムコーヒー」とは

 会員さまにご案内した銘柄のひとつに「パナマ エスメラルダ農園」というものがあります。この銘柄は200g 一万円と非常に高額の銘柄でありながら、多くの会員さまよりご注文いただいております。

「量」より「質」の時代へ  何故あの「パナマ エスメラルダ農園」は、高額の銘柄なのか?それは非常に数少ない「ゲイシャ種」という品種から作り出されたものだからです。
 「ゲイシャ種」とは、コーヒーの「野生種」です。現代では、こうしたコーヒーの「野生種」の味は、味わうことができません。なぜなら、コーヒーの「野生種」は、ほぼ絶滅状態だからです。現在コーヒーの樹のほとんどは、品種改良されたものです。その理由はかつて、コーヒー農園は「量」を多く生産することに重点をおいていたためです。
 コーヒーの樹は天候の変化に弱く、病害虫にも弱いという側面があります。そのため「自然環境」に左右されることなく、安定的にたくさんの量が収穫できる品種を作り出す研究が進められました。結果、自然環境の変化に強い品種のコーヒーが数々生み出されました。いまやコーヒー農園もよほどのことがない限り、「野生種」のコーヒーを植え付けることはしません。野生種のコーヒーの樹を育てるには手間が膨大にかかりますし、収穫できるコーヒーの実も他の品種のものと比べて少ないからです。

「プレミアムコーヒー」とは
過程が問われたもの
 こうした多くの問題を乗り越え、「ゲイシャ種」という野生種のコーヒーの樹を育て、その味わいを現在に復活させた農園が、「パナマ エスメラルダ農園」。こうしたコーヒーこそ「プレミアムコーヒー」と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。
 「プレミアムコーヒー」とは、エスメラルダ農園のようにオーナーがコーヒーに対してのどのような考えをもって作ったものなのか。また、どのような手間と苦労をともなって生産されたものであるのか。そのコーヒー豆の「過程」が問われたものです。「過程」が他のコーヒーとくらべて特別だからこそ、その銘柄独特の味と香りを有したものとなるのです。